七五三のお祝い

鯛の塩釜焼き大家オンラインショップ

3歳、5歳、7歳のお子さまが、 これまでの穏やかな成長の日々を感謝し、 これからも健康で幸せな日々を祈る為に神社にお参りする行事です。 ●男の子は3歳と5歳 ●女の子は3歳と7歳 3歳は「髪置(かみおき)の儀」、5歳は「袴着(はかまぎ)の儀」、7歳は「帯解(おびとき)の儀」と呼ばれているそうです。

 ●七五三をお祝いする時期 

 旧暦の11月15日は二十八宿の「鬼宿日」で、最良の日とされていたことからこの日が七五三のお祝いの日なったとされています。お参りする日は11月15日だけにこだわらず、 10月・11月の土日や祝日などご家族の都合が良い時に行かれる方も増えたみたいですが、お子様の健やかなる成長へのお祝いする気持ちはどの時代も変わらずにあり続ける事と思います。

鯛の塩釜焼きのご注文へ