鯛めしの出来る縁起物セット
鯛めしの出来る縁起物セット
鯛めしの出来る縁起物セット
鯛めしの出来る縁起物セット
鯛めしの出来る縁起物セット
鯛めしの出来る縁起物セット
鯛めしの出来る縁起物セット
  • 鯛めしの出来る縁起物セット
  • 鯛めしの出来る縁起物セット
  • 鯛めしの出来る縁起物セット
  • 鯛めしの出来る縁起物セット
  • 鯛めしの出来る縁起物セット
  • 鯛めしの出来る縁起物セット
  • 鯛めしの出来る縁起物セット

鯛めしの出来る縁起物セット

ご進物商品(ギフト商品)

末広がりに運が開けていくという縁起物の「お米」、昔からおめでたい席に欠かせない「めで鯛」との縁起物をつなぎ、よろ昆布ご塩で包み込んだ、縁起の良い語呂合わせな、鯛めしの出来る縁起物づくしのセット、「おめで 思いをて」お贈り致します。

※木槌が不要なお客様は『木槌なし(-200)』をお選び下さい。
表示の重さは、鯛のみの重さで塩釜の重さは含んでおりません。

鯛の塩釜焼800g+お米三合のセット 
のし
木槌
 
¥5,880(税込)
数量
鯛の塩釜焼800g+お米三合とすだち5個のセット 
のし
木槌
 
¥6,560(税込)
数量
鯛の塩釜焼800g+お米三合+そうめんのセット 
のし
木槌
 
¥6,560(税込)
数量
鯛の塩釜焼800g+お米三合+すだち5個+そうめんのセット 
のし
木槌
 
¥7,240(税込)
数量

商品詳細

品名の塩釜焼きとお米3合に+徳島すだち5個入り又は半田そうめんのセット
商品内容鯛の塩釜焼き
鯛800g(木槌付き及び木槌無し)お米三合、又はすだち5個 半田そうめん3束
表示の重さは、鯛のみの重さで塩釜の重さは含んでおりません。
下処理した状態内臓ウロコなどをとった状態の重さですので、泳いでいる時の重さは+100g程の重さの鯛を焼いています。実質ご注文頂いた場合900g~1㎏程度の鯛を水揚げしています。
木槌が必要でないお客様は木槌無しをお選び下さい。
鯛の塩釜焼大家オンラインショップ
内容量鯛の塩釜焼き800g(鯛のみの重さです)
お米三合、又は御注文によりすだち5個 半田そうめん3束
炊き込みご飯にしますと4~6人前程の量になります。
原材料名鯛、お米、塩、卵白、昆布、すだち、 (そうめん)小麦、食用植物油、食塩
賞味期限到着日より3日(塩釜焼き)
保存方法防腐剤などを一切使用しておりませんのでなるべくお早めにお召し上がりください。
すぐにお召し上がりにならない場合はまわりの塩をとり除いて鯛だけをラップで包み、冷蔵庫で保存してください。
備考当店では「塩釜焼き」を2個以上ご購入頂いた場合も、
1個単位での梱包とさせていただいております。

塩釜焼は塩で固められた形状になっているため、
複数個の同一梱包は破損の原因になります。
このため、1個単位での梱包とさせていただいております。

2個以上のご購入でお届け先が同一住所の場合でも、
個別梱包となりますので、個数分の送料を頂戴いたします事をご了承ください。

商品説明

鯛めしの出来る縁起物ギフト

  「八十八」と書くお米は、末広がりに運が開けていくという縁起物、 さらに昔からおめでたい席に欠かせない、めで鯛との縁起物をつなぎ、よろ昆布ご塩で包み込んだ、 縁起の良い語呂合わせな、鯛めしの出来る縁起物セット。

内祝

鯛めしを食べ終えた後の鯛のあらで取ったお出汁と徳島の半田そうめん独特の太めの麺との相性は抜群! さらにすだちを絞れば、至福の一品、お取り寄せにも贈り物ギフトとしても最適な徳島の味をご賞味下さい

.                                             .

‐鯛めし作り方‐

鯛の塩釜焼きを取出します。

狙いを定めて木槌を振り上げます、がんがんがんってな感じで行っちゃって下さい、あまり調子に乗って叩き過ぎると鯛までoh~no~って感じになっちゃたりしますので、その辺は・・・

割ったら上にかぶさってる塩をのけてあげて下さい、と同時期に一緒に入っているお米(三合)をといで炊飯器にお水を入れてセットしておいて下さい(いつもご飯を炊く要領で大丈夫^^ですが水加減は少し多めで)

塩釜から取り出した昆布で包まれた鯛をそのまま水をはったお米の上に乗せます(※昆布についているお塩はできるだけのけておいてください※)

後はふたをしスイッチを入れて待つだけ 
               ………⏲

時間が来れば塩と昆布の風味豊かな鯛めしの出来上がりですが、ご注意必ずお読みください➡ 鯛は骨付きのままで 絶対にご飯と混ぜないで下さい、骨が口の中へ入り骨が刺さるなど、超危険。↑写真のように骨ごと混ぜてしまうととても食べずらくなりますので、必ず鯛とご飯は一度別々に取り出してくださいますようにお願い致します。

鯛は必ず昆布のまま取り出しお皿へ、ご飯はお茶碗によそいます、必ず一度別々に取り出してください。鯛の身はほぐしてご飯の上に乗せてお召し上がりください。
※ご飯と鯛を絶対に骨ごと混ぜないでください、骨が混ざるとまあ大変、口の中に骨さんが侵入刺したり突いたりしてきます😫
食べにくくなりますので必ず取り出して召し上がってくださいます様お願い致します。

お茶碗にご飯を盛りその上にほぐした鯛を乗せてお召し上がりください、食べきれないときや、次の日に残しておく時などには、おにぎりやお茶付けなどにしても美味しく召し上がっていただけます。 

 

心をこめた一言を添えて
鯛の塩釜焼き商品
徳島特産すだち
徳島特産品詰め合わせ
おめで鯛思いを込めて
Page Top