桃の節句.雛祭り

桃の節句雛祭りお祝い大家オンラインショップ

ひな人形を飾り、女の子の健やかな成長を祝い将来の幸せを祈る行事です。
人形に身の汚れを移して川へ流す日本の風習が結びついて女の子の初節句を祝う行事になったといわれています。
ひな人形は、もとは内裏びなと呼ばれる。段飾りの場合は、3段、5段、7段というように縁起のよい奇数にするのが決まりで、ひな祭りには、桃の花や白酒ひなあられ、菱もちを供え蛤の吸い物をいただくのが習わし、桃の花には魔よけがあり、白酒は百病を除くといわれている、ひな人形を飾るときは一夜飾りを避けて、節句の1から2週間前にすませ、3月3日が過ぎたらなるべく早くかたづけ、いつまでも飾っておくのはだらしがなく、娘の婚期も遅れる、などのいわれもあるようです。しかし今も昔も女の子の健やかな成長、お祝いする気持ちは変わることなく、これからも永代にわたり受け継がれていく日本のお祝い行事でしょう。 健やかな成長おめでとうございます(*^_^*)


健やかに、おめで気持ちをまごころこめてお送り致します。
お子様の御成長、節句のおい本当におめでとうございます。



 

塩釜焼きのご注文へ