クリスマス

 

 冬の寒さに凍てついていた街が華やかなイルミネーションで彩られ、ゆきかう人々の心を明るくしてくれる不思議な日、クリスマス。西洋では宗教的な意味を持つMerry Christmasという言葉は使わず、Happy Holidayと言葉を交わす人も増えているそうです。 日本では、クリスマス当日以上に盛り上がるのが、クリスマス・イヴ。本来、クリスマス・イヴとはクリスマスの前夜祭のことで、キリストの生誕を祝うミサを行う日。「イヴ」という言葉は英語のEveningに基づいています。

クリスマスの語源は、ラテン語の略で、Christ(キリスト)+mas(礼拝)=Christmasといわれています。またXmasのXは、ギリシャ語「Xristos」の頭文字です。クリスマスはイエス・キリストの生誕に関係していますが、キリストの誕生日というわけではありません。キリストの誕生日は記録として残されていないのです。この日がキリストの誕生日としてお祝いされるようになったのは、当時太陽神を崇拝していたローマで12月25日におこなわれていた行事が、のちにキリストの生誕祭と結びついたからといわれています。 日本には、宣教師フランシスコ・サビエルたちが伝えたとされています。その後の鎖国時代も、クリスマスは隠れキリシタンの間で受け継がれていきました。当時のクリスマスは「愛を贈る日」とされていましたが、現代のプレゼント商戦では「特別な贈り物をする日」に変わってきています。

みんな大好きクリスマス  そしてクリスマスと言えばそう 「鶏の丸焼き」 ^^出来ちゃいました鶏の塩釜焼き徳島のすだち鶏の丸焼きです。

  すだち鶏の塩釜焼きには1㎏と2㎏の商品が御座います。

重さはのみの重さで塩釜の重さは含みません。下処理した状態内臓などをとった状態の重さになっています。 実質鶏肉の大きさ2㎏の物は一匹丸焼になっています。1㎏の場合は2㎏の物を半分にし片身の状態で焼きます、ですので1㎏の塩釜焼きの物も2㎏以上に成長した鶏を焼いています、ですので旨みや肉厚は1㎏と2㎏の肉質に差はございません、どちらをご注文頂いてもすだち鶏のやわらかい肉質をご堪能頂けます。塩の重さを合わせると1㎏の鶏で4㎏程の重さになります。すだち鶏の塩釜焼き大家オンラインショップ

阿波すだち鶏の塩釜焼き
          

塩釜焼きのご注文へ

すだち鶏の塩釜焼は一羽(2kg)、又は、半身(1kg)を丸ごと姿形のまま、直接直火で焼くのではなく、お塩と昆布に包んで焼いてあります、 そのため、蒸し焼き状になります、結果、包んだお塩の中で、 鶏の旨み、昆布の旨み、塩の旨みが凝縮され、鶏の旨み油を落とす事無く閉じ込め、焼きあげることで、鶏本来の旨み、あまみがいっそう引き出されます、絶妙な塩加減と鶏本来の旨みを余すことなく味わい尽くせる一品です。焼鶏とは違った鶏の旨みをご賞味ください^^届いたその場で割って召し上がって頂けるので贈られた方などにも大変ご好評頂いております。

重さの表示は下処理した状態内臓などをとった状態の重さになります。 実質鶏肉の大きさ2㎏の物は一匹丸焼になっています。1㎏の物は2㎏の物を半分にし片身の状態で焼きます、ですので1㎏の塩釜焼きの物も2㎏以上に成長した鶏を焼いています、ですので旨み肉厚は1㎏と2㎏の肉質に差はございません、どちらをご注文頂いてもすだち鶏のやわらかい肉質、旨みをご堪能頂けます。

すだち鶏って...